新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ZIKU WORKSTYLE LAB weekly News_2022.07.05

ziku-stylelab

こんにちは!ZIKU WORKSTYLE LAB事務局です。Twitter、Facebookで発信しているの週刊ニュース『新しい「働く」のための働き方改革ニュース』、その中からピックアップした週刊注目ニュースをお届けします! ※各記事と併せて掲載しているテキストは、記事内から引用しております

小田急が「親子ワーケーション」イベントを8月に開催 大人は仕事、子どもは宿題、親子で楽しめるイベントも用意

小田急電鉄は、親子でワーケーションを体験できるイベント「親子で SUMMER WORKATION WEEK」を2022年8月1日~7日に開催します。

「親子で SUMMER WORKATION WEEK」は、親子で1日単位で参加できるワーケーションイベントとして、小田原市内で実施する夏休み企画です。7日間で6種類のプランを用意し、いずれも1日の前半に大人は貸切施設でテレワークを行いつつ、子どもは夏休みの宿題を進め、小田原ならではのワークショップなどに参加できます。1日の後半には、親子で楽しめるアクティビティーや交流会などの催しを用意しています。

ワーケーションに特化した宿泊施設「函館ベイハウス」が函館のベイエリアにオープン

アドベンチャーズ株式会社(所在地: 東京都港区)は、2022年6月29日、北海道函館市にワーケーションに特化した宿泊施設「函館ベイハウス」をオープンしました。生活に必要な家具家電に加え、快適なリモートワークの設備を備えています。市電から徒歩30秒というアクセスの良好な一軒家で、主要な観光名所へも徒歩で行くことができます。長期滞在しながら仕事と遊びを両立するのに最適です。

テレワーク実施率に地域差 都市と地方の経済格差が拡大へ

テレワーク実施率に「都市部と地方」「大企業と中小企業」の格差が判明した。テレワーク導入は業務のデジタル化や生産性向上への第一歩。この格差を放置すれば、日本の構造的な格差問題がさらに悪化しかねない。

「地方企業と都市部の企業、中小企業と大企業、非正規雇用者と正社員のそれぞれで比べると、いずれも後者のテレワーク実施率が高い。端的に言えば、テレワークは以前から存在していた日本経済における格差を、拡大する方向に作用してしまった」。パーソル総合研究所の小林祐児上席主任研究員はこう指摘する。

同社が2022年3月に発表した「第六回・新型コロナウイルス対策によるテレワークへの影響に関する緊急調査」(2022年2月調査)によると、企業の正社員から得た回答で導き出した地域別のテレワーク実施率は、「関東」で40.1%だった。これに対して「北海道・東北」「東海・北陸・甲信越」「中国・四国・九州」はいずれも20%未満だった。

ZIKUの最新情報はこちらから!

以下の各お知らせプラットフォームからも、随時最新情報を発信中! ぜひこのnoteと合わせてご覧ください!

■Facebookグループ
https://www.facebook.com/zikuworkstylelab
■LINE
https://liny.link/r/1653817906-Y9oroL2z?lp=IlgMmX

ぜひぜひみなさまのご登録、お待ちしております。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ziku-stylelab
ziku-stylelabは、株式会社時空テクノロジーズがお届けする『新しい働き方』の情報プラットフォームです。 今、変わりつつある『”働く”のフツウ』。『働く』とともに『生き方』さえも変わっていく"今"のみなさんへ、イベント情報や働き方に対する想いを綴ります。