ZIKU WORKSTYLE LAB weekly News_2021.08.31
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ZIKU WORKSTYLE LAB weekly News_2021.08.31

こんにちは!ZIKU WORKSTYLE LAB事務局です。Twitter、Facebookで発信しているの週刊ニュース『新しい「働く」のための働き方改革ニュース』、その中からピックアップした週刊注目ニュースをお届けします!
※各記事と併せて掲載しているテキストは、記事内から引用しております

「銚子電鉄の車内でサウナ体験」などができるワーケーションの参加者を募集中

9月22日~24日に千葉県銚子市で実施する「国内初のデジタルデトックス×銚子電鉄を活用したサウナワーケーション」の参加者の募集を開始した。募集期間は9月5日まで。

銚子市内の宿泊施設に宿泊し、宿泊施設内のコワーキングスペースなどを利用できる。交通費、および宿泊費(1泊8000円〜1万円程度)は参加者の負担となるが、参加してアンケートに回答すると1万6000円が支給され、宿泊費分はほぼ補えるという。宿泊施設は朝食付き。コワーキングスペースの利用料は無料。

温浴施設にテレワーク設備 西部ガスグループ新提案

西部ガスホールディングス(HD)傘下で、温浴施設(スーパー銭湯)「ヒナタの杜 小戸の湯どころ」(福岡市西区)を運営する「ヒナタの杜」が、半個室形式のソファなどテレワークやリモートワーク用のスペースを整備した。新型コロナウイルス禍で営業時間短縮などを余儀なくされる中、リフレッシュしながらの新たな働き方を提案し、利用者増を目指す。

ワーケーション、導入企業は3.5%・検討中8.8% デメリットは「費用」「職場との調整が困難」など

 『月刊総務』は、全国の総務担当者を対象に「ワーケーションに関する調査」を実施し、178名から回答を得ました。

【調査結果 概要】
・ワーケーションのポジティブイメージは「ワーク・ライフ・バランス向上」「従業員満足度向上」「テレワーク促進」など
・ワーケーションのネガティブイメージは「仕事と休暇の線引きがあいまいになる」「マネジメントがしづらい」「労務管理が難しい」など
・8割以上がワーケーションの導入を検討したことはない
・ワーケーションを実施した課題は「通信環境」「仕事とプライベートの線引き」など
・ワーケーション導入の不安は「公平性の担保」「仕事とプライベートの区別の曖昧さ」が多数


ZIKUの最新情報はこちらから!

以下の各お知らせプラットフォームからも、随時最新情報を発信中!
ぜひこのnoteと合わせてご覧ください!

■Facebookグループ
https://www.facebook.com/zikuworkstylelab
■LINE
https://liny.link/r/1653817906-Y9oroL2z?lp=IlgMmX

ぜひぜひみなさまのご登録、お待ちしております。

スキありがとうございます!
ziku-stylelabは、株式会社時空テクノロジーズがお届けする『新しい働き方』の情報プラットフォームです。 今、変わりつつある『”働く”のフツウ』。『働く』とともに『生き方』さえも変わっていく"今"のみなさんへ、イベント情報や働き方に対する想いを綴ります。