ZIKU WORKSTYLE LAB weekly News_2021.09.22
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ZIKU WORKSTYLE LAB weekly News_2021.09.22

こんにちは!ZIKU WORKSTYLE LAB事務局です。Twitter、Facebookで発信しているの週刊ニュース『新しい「働く」のための働き方改革ニュース』、その中からピックアップした週刊注目ニュースをお届けします!
※各記事と併せて掲載しているテキストは、記事内から引用しております

テレワークの先はバーチャル出勤…「メタバース」って何?

コロナ禍で一気に浸透したのがテレワーク(在宅勤務)だが、その先は「バーチャルオフィス」に出勤する可能性が出てきた。IT各社が「メタバース」と呼ばれる仮想空間内のサービスに力を入れ始めた。新しい働き方として定着するだろうか。

今後、仮想空間内の職場に出勤する光景は当たり前になるのか。三上氏は「SNSと同じく人が集まらないと盛り上がらない。メタバースを運用する企業にとっては、技術の発展より人を呼び込む工夫が明暗を分けることになるのではないか」と指摘した。

どうなる「通勤手当」テレワーク化で起きる大変化_会社員が知っておくべき大事な基本

コロナ禍で働き方が大きく変わり、場所と時間にとらわれない働き方が当たり前になってきています。もはや、満員電車で押しつぶされながら通勤していた頃には戻れないくらい、ウィズコロナの状況が続いていますが、そんな中、通勤を前提として会社から労働者に支給されていた通勤手当が見直されています。

そこで、今回は、労働者にとって意外に影響が大きい通勤手当について解説します。

「日本にはテレワークだと仕事に集中できない人が多い」 アドビが未来の働き方に関する調査結果発表

アドビは、7カ国を対象に実施した未来の働き方に関する調査の結果を発表した。日本では「テレワークではオフィスほど仕事がはかどらない」と答えた人が多数を占めた。日本は、全体の業務時間の中で雑務にかける時間が長いことも分かった。

ZIKUの最新情報はこちらから!

以下の各お知らせプラットフォームからも、随時最新情報を発信中!
ぜひこのnoteと合わせてご覧ください!

■Facebookグループ
https://www.facebook.com/zikuworkstylelab
■LINE
https://liny.link/r/1653817906-Y9oroL2z?lp=IlgMmX

ぜひぜひみなさまのご登録、お待ちしております。

スキありがとうございます!
ziku-stylelabは、株式会社時空テクノロジーズがお届けする『新しい働き方』の情報プラットフォームです。 今、変わりつつある『”働く”のフツウ』。『働く』とともに『生き方』さえも変わっていく"今"のみなさんへ、イベント情報や働き方に対する想いを綴ります。