ZIKU WORKSTYLE LAB weekly News_2022.03.08
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ZIKU WORKSTYLE LAB weekly News_2022.03.08

ziku-stylelab

こんにちは!ZIKU WORKSTYLE LAB事務局です。Twitter、Facebookで発信しているの週刊ニュース『新しい「働く」のための働き方改革ニュース』、その中からピックアップした週刊注目ニュースをお届けします!
※各記事と併せて掲載しているテキストは、記事内から引用しております

『ふらっとはかどる浜松ワーケーション』静岡県浜松市がワーケーション誘致プロモーションとモニター体験を実施

浜松市では、全国からのワーケーション誘致促進の取り組みとして、『ふらっとはかどる浜松ワーケーション』 のPR動画・特設サイトを制作・開設し、企業・個人を対象としたワーケーションモニター体験を実施しました。

本市は「政令市としてのビジネス機能」と「浜名湖周辺や天竜地域の豊かな自然」が共存する環境が特徴で、ワークとバケーションの両面で充実した滞在をお過ごしいただけます。アクセス環境も新幹線で東京・大阪から約90分、名古屋から約30分と良好です。
PR動画・特設サイトにてワーケーションのおすすめスポットや過ごし方をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

リノベしたワーケーション施設を拠点に新たな社会モデル構築を目指す、奈良市

奈良市は、3月10日にワーケーション施設「月ヶ瀬ワーケーションルーム(仮称)」をオープンする。同施設を拠点とした新たな社会モデル構築プロジェクト「Local Coop月ヶ瀬」を開始する。地域住民や地域の多様な組織・団体が主体的に支え合う「共助」の構築とAI・IoT・5Gなどの技術によって、社会課題・地域課題に対して経済・社会・環境面を総合的に捉えた解決を図る。

ワーケーションに取り組む自治体・導入事例を紹介

新型コロナウイルス感染症の流行以降、テレワークという新たな働き方が普及してきました。そこから、「場所を問わずどこでも働くことができる」という特徴を生かし、仕事と休暇を両立したワーケーションが行われています。
現在では様々な自治体がワーケーションの誘致に取り組んでいます。本記事ではワーケーション誘致を行っている自治体とその取り組みについて紹介します。


ZIKUの最新情報はこちらから!

以下の各お知らせプラットフォームからも、随時最新情報を発信中!
ぜひこのnoteと合わせてご覧ください!

■Facebookグループ
https://www.facebook.com/zikuworkstylelab
■LINE
https://liny.link/r/1653817906-Y9oroL2z?lp=IlgMmX

ぜひぜひみなさまのご登録、お待ちしております。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
スキ、嬉しいです!
ziku-stylelab
ziku-stylelabは、株式会社時空テクノロジーズがお届けする『新しい働き方』の情報プラットフォームです。 今、変わりつつある『”働く”のフツウ』。『働く』とともに『生き方』さえも変わっていく"今"のみなさんへ、イベント情報や働き方に対する想いを綴ります。