ZIKU WORKSTYLE LAB weekly News_2021.10.05
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ZIKU WORKSTYLE LAB weekly News_2021.10.05

こんにちは!ZIKU WORKSTYLE LAB事務局です。Twitter、Facebookで発信しているの週刊ニュース『新しい「働く」のための働き方改革ニュース』、その中からピックアップした週刊注目ニュースをお届けします!
※各記事と併せて掲載しているテキストは、記事内から引用しております

ワーケーション&ホテルワーク主要51サービスを一覧化、ホテル・旅行会社・サブスクなど

一般社団法人日本ワーケーション協会の協力を受け、2021年8月現在の国内における主要な51サービスをまとめたもの。同社では「ワーケーション」「ホテルワーク」を次のように定義している。

【ワーケーション】
ワークとバケーションを組み合わせた造語。テレワークを活用し、ホテル、リゾート地、温泉地などで働きながら、滞在先で余暇を過ごすことを指す。

【ホテルワーク】
ホテルに宿泊しながら仕事をすること。リゾート地や温泉地に限らず、ふだん仕事をする自宅やオフィスとは違う環境で仕事に向かうことを指す。

新幹線のぞみ「テレワーク専用車両」公開 10月1日から運行

コロナ禍で落ち込んだ新幹線のビジネス需要を少しでも取り込もうと、車内でテレワークがしやすいように整備された「のぞみ」の専用車両が、10月1日から新たに導入されるのを前に、29日、報道陣に公開されました。

JR東海とJR西日本は、東京ー博多間を運行する東海道新幹線と山陽新幹線のすべての「のぞみ」の7号車を、10月1日からテレワーク専用車両として運行します。

公開された車両は、車内で長時間の通話やウェブ会議ができ、最新型の車両「N700S」の場合には、これまで30分以内だった無料Wi-Fiの使用時間の制限をなくし、通信を暗号化してセキュリティーも高めます。

テレワーク継続希望者9割超 コロナ明けも「飲み会参加しない」 働き方意識調査

ITの力で地方創生を目指している「LASSIC」は、テレワークを経験したことがある20~65歳のビジネスパーソン1035人を対象に調査を実施。テレワークの実施率は男性で34.8%、女性で27.9%だった。全体でみると3割程度だが、東京都内の企業に限定すると、8月のテレワーク実施率は65%に達しており、日本で長年普及してこなかった在宅勤務が、コロナ禍で一気に浸透したことが分かった。

ZIKUの最新情報はこちらから!

以下の各お知らせプラットフォームからも、随時最新情報を発信中!
ぜひこのnoteと合わせてご覧ください!

■Facebookグループ
https://www.facebook.com/zikuworkstylelab
■LINE
https://liny.link/r/1653817906-Y9oroL2z?lp=IlgMmX

ぜひぜひみなさまのご登録、お待ちしております。

スキありがとうございます!
ziku-stylelabは、株式会社時空テクノロジーズがお届けする『新しい働き方』の情報プラットフォームです。 今、変わりつつある『”働く”のフツウ』。『働く』とともに『生き方』さえも変わっていく"今"のみなさんへ、イベント情報や働き方に対する想いを綴ります。