ZIKU WORKSTYLE LAB weekly News_2022.01.18
見出し画像

ZIKU WORKSTYLE LAB weekly News_2022.01.18

ziku-stylelab
こんにちは!ZIKU WORKSTYLE LAB事務局です。Twitter、Facebookで発信しているの週刊ニュース『新しい「働く」のための働き方改革ニュース』、その中からピックアップした週刊注目ニュースをお届けします!
※各記事と併せて掲載しているテキストは、記事内から引用しております

一流施設のワーケーション体験を提供するリゾートワークスがサウナワーケーション無料モニターを大募集!

リゾートエリアの会員制施設や一流ホテルでのワーケーション体験を提供する株式会社リゾートワークス(本社:沖縄県那覇市、代表取締役:高木紀和)は、ワーケーションという新しいライフスタイルをより多くの方に知っていただくことを目的として、倶知安観光協会のご協力のもと”サウナワーケーション”無料モニターを募集いたします。

北海道ニセコの高級コンドミニアムで、パウダースノーの中テントサウナやウィンタースポーツやなど、スノーエリアならではのウェルネス体験を是非お楽しみください。

種子島初 公営のテレワーク拠点 南種子町、4月開業 移住促進やICT企業誘致へ

南種子町が宇宙ケ丘公園(中之下)に隣接する町有地に、テレワーク拠点の整備を進めている。移住・定住促進やICT(情報通信技術)関連企業の誘致につなげる狙い。種子島では初めての公営オフィスで、4月オープンを見込む。

床面積約110平方メートルの木造平屋。定員2~4人のレンタルオフィス3室や最大6人が利用できるシェアオフィス、キッズスペース、仮眠室を備える。宇宙と関連が深い町として、外観は国際宇宙ステーションを模したデザインを取り入れ、屋上に種子島宇宙センターのロケット打ち上げを見られる展望台も設置する。

Wi-Fi(ワイファイ)を備え、スマートフォンを使った入退室管理システムを導入する方針。営業時間や料金は今後決める。

「秩父テレワーク・ワーケーションモニターツアー」を実施!交通費やコワーキングスペース利用料が補助

日本の新しい働き方を創造し、秩父エリアでテレワーク・ワーケーション施設を展開する「オフィスプラス株式会社」(代表:出浦洋介 本社:埼玉県秩父市)は、埼玉県・秩父市からの委託事業として、「秩父テレワーク体験プログラム」を2022年2月28日までの平日限定で実施しています。秩父市でテレワークを実践する利用者に対し、西武鉄道の特急券代(1,420円)およびコワーキングスペース利用料(3,960円)を全額補助します。
また「テレワーク体験プログラム」に秩父ならではの体験ツアーをプラスした「ワーケーション体験プログラム」を全4回実施します。1月21日からのプログラムでは「兎田ワイナリー体験ツアー」を開催します。

ZIKUの最新情報はこちらから!

以下の各お知らせプラットフォームからも、随時最新情報を発信中!
ぜひこのnoteと合わせてご覧ください!

■Facebookグループ
https://www.facebook.com/zikuworkstylelab
■LINE
https://liny.link/r/1653817906-Y9oroL2z?lp=IlgMmX

ぜひぜひみなさまのご登録、お待ちしております。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
スキ、嬉しいです!
ziku-stylelab
ziku-stylelabは、株式会社時空テクノロジーズがお届けする『新しい働き方』の情報プラットフォームです。 今、変わりつつある『”働く”のフツウ』。『働く』とともに『生き方』さえも変わっていく"今"のみなさんへ、イベント情報や働き方に対する想いを綴ります。