新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ZIKU WORKSTYLE LAB weekly News_2022.06.09

ziku-stylelab

こんにちは!ZIKU WORKSTYLE LAB事務局です。Twitter、Facebookで発信しているの週刊ニュース『新しい「働く」のための働き方改革ニュース』、その中からピックアップした週刊注目ニュースをお届けします!
※各記事と併せて掲載しているテキストは、記事内から引用しております

「別府温泉のワーケーション」は医学的な効果があるのか? 健康開発財団らによる計測結果を発表

一般社団法人別府市産業連携・協働プラットフォーム B-biz LINK、ビッグローブ株式会社(BIGLOBE)、一般財団法人日本健康開発財団の3者が、大分県別府市で行った福利厚生型ワーケーションのトライアルプログラムの検証結果を発表した。温泉、運動やヨガ、食事によって、体とメンタル面において、医科学的知見に基づく分析で効果が見られたとしている。

モビリティ×キャンプで手軽で快適な自然旅を、アウトドアベンチャーがFUNDINNOでCF

株式会社ファンディーノが運営する株式投資型クラウドファンディング(CF)プラットフォーム「FUNDINNO(ファンディーノ)」で6月1日、「自然の中で過ごす新たな日常を創出。アウトドア・ワーケーション・防災ニーズに応える『MOBILITY×CAMP=MOMP(モンプ)』」が公開された。コロナ禍で安心に楽しめるレジャーとして人気上昇中のアウトドアサービス分野のプロジェクト。株式発行者はLandscapes株式会社。目標募集額800万円、上限応募額2500万円。投資金額は1口10万円10株、1人5口まで。申込期間は6月9日〜13日。

「ズーム疲れ」でもリモートワークがいい…18歳から24歳の71%が、オフィスワーク復活なら「辞める」

Z世代とミレニアル世代の雇用を確保するためには、リモートワークへの柔軟な対応がますます不可欠になっている。18歳から24歳の回答者のうち、オフィスで仕事をしなければならなくなった場合、「退職する」または「退職を検討する」と回答した人の割合は71%にも上っている。

ZIKUの最新情報はこちらから!

以下の各お知らせプラットフォームからも、随時最新情報を発信中! ぜひこのnoteと合わせてご覧ください!

■Facebookグループ
https://www.facebook.com/zikuworkstylelab
■LINE
https://liny.link/r/1653817906-Y9oroL2z?lp=IlgMmX

ぜひぜひみなさまのご登録、お待ちしております。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ziku-stylelab
ziku-stylelabは、株式会社時空テクノロジーズがお届けする『新しい働き方』の情報プラットフォームです。 今、変わりつつある『”働く”のフツウ』。『働く』とともに『生き方』さえも変わっていく"今"のみなさんへ、イベント情報や働き方に対する想いを綴ります。